これからは重要事項説明もオンラインで「IT重説」

不動産相続:IT重説

こんにちは。不動産相続アドバイザー鈴木です。

2017年10月にITを活用した賃貸仲介取引の際の重説(重要事項説明)、通称「IT重説」が解禁になり、名前はともかく、いよいよネットで重説や契約の申込みもできるようになってきましたね。大手さんも導入を開始しました。

契約手続のすべてのIT化が認められたわけではないので、まだ補完することはあるでしょうけど、スカイプで顔を見ながら重説、契約読み合わせなどは可能ですからね。その場での写真付き本人確認などもいれればまったく問題ないように思います。

契約の押印は当日の借主(買主)、貸主(売主)手元に契約書があればその後にそれぞれに郵送のやり取りをして完了していくことでIT契約自体が成立します。

実際に打ち合わせでスカイプで相談を受けたり、打ち合わせをしたりしていますし、大手さんよりも私たちのような小さい会社の方が小回りも効いて促進が図れるんじゃないでしょうかね。

やはり顔が見えるというのは素晴らしいことで、お互いの信頼関係にもつながりますからね。

ぜひ私のところでも取り入れて有意義に使っていきたいです。

この記事は動画でも解説してます。良かったらご覧ください。

不動産相続や物件管理のご相談

このブログの「お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。
お会いしてお話することを大切にしていますが、遠方の方はメールでもご相談いただけます。
もちろん秘密は厳守します。不動産相続のご相談が初めての方はもちろん、今の税理士さんや弁護士さんがあまり親身になってくれないなどの不安や不満を抱えてる方は、不動産相続のセカンドオピニオンとしても、ぜひご利用下さい。
メールの場合は具体的にお応えできない場合もございますのが、ちょっとしたご相談でも親身に対応させていただきます。


不動産相続に関するお問い合わせ

SNSでもご購読できます。