【住宅宿泊事業法】「民泊新法」で変る、相続した家の活用方法。

不動産相続:インバウンド旅行/民泊

こんにちは。不動産相続アドバイザー鈴木です。

2017年6月9日に成立した「住宅宿泊事業法」。通称「民泊新法」。いよいよ2018年6月15日に施行されますね。

今までは住宅の空き部屋を貸すときの法律はありませんでしたから、事実上のグレーゾーンというか、真っ黒という世界での宿泊システムでした。

この民泊新法では宿泊させる側に事前に届け出や宿泊名簿の保存を3年間、2か月ごとに宿泊させた日数報告、宿泊の一人当たりの㎡数、定期的な換気など様々なことを定めています。

さらに仲介業者については契約前に宿泊させる側の届け出内容の開示、仲介手数料の明示などこちらも様々な内容で定められ、すでにマンスリーマンション業者や空きスペース時間貸し事業者なども多数出てきているようです。

そこで、今回は民泊についてのお話です。

栃木県にも民泊の波が

不動産相続:民泊の開発が盛んな日光市

栃木県でも日光市がかなりの熱を帯びて来ていて、東武鉄道がかなり力を入れて有名ホテルを入れ込んで開発を進めているようで、有名な住宅メーカーさんがホテルを造るという話も出てきています。日光市はかなり熱いですね~。

私のところで主催している「とちぎ大家の会」の大家さんたちにも民泊をやりたいという話がいっぱい出てきています。外国の方々もせっかく日本に来たのだから、普通の生活を体験したいと思うものですよね。

私も海外に行ったときはそうしてますし、いかに現地の人の生活を見られるかを体験したくて、いつもメニューに入れています。

カナダに行ったときも普通の生活をしている人たちの街並みを歩いてきました。スーパーに行ったり酒屋にいったり地下鉄のったりバスに乗ったり。やっぱり体験したいですよね。

民泊は生活体験ができるというメリットが大きいですから、ぜひたくさんの民泊ができてくれたらいいですよね。

お家を相続した方も注目の民泊

実際に私のお客さんでも日光に空き家を探す動きが出てきています。民泊につかうということで探しているんですよね。やはり動きが早いといいますか、投資家と呼ばれる人の動きは早いものです。

私としては民泊の動きは良いものであると思ってますが、こういうのってあっという間にそれぞれの個性を活かした民泊が生き残る流れができてくるはずです。

ただお泊りだけということではなくて、そこに自らの住宅の一つの部屋を貸していくサービスをどれだけ渡せるかが問題になっていきそうですよ。ある意味楽しみですけれどもね。

民泊許可取得。国は“推進”、自治体は“制限”?

不動産相続:民泊/国は推進、自治体は制限

民泊の世界も民泊新法も絡み、今後相当変化してきそうです。現在の民泊は法整備が整っていないため、各自治体の条例で制限をしたり、緩和したりしています。

とくに民泊は住宅を宿泊施設にしていく発想のため、住宅街にそれが適用されていいものかどうかもありますね。みなさんの隣の家に宿泊している人が民泊利用者の旅行者が複数出入りしていることになるわけです。

そういう中での民泊の利用ですからある程度の制限も必要になるでしょう。そもそも市街化区域には住宅専用地域に設定されている場所も多くあって、そこでの民泊利用の制限を多くの自治体がしています。

国土交通省・厚生労働省では民泊を適切な規制の下であれば振興していくという思惑があるようですから、国では“推進”、自治体では“制限”という矛盾が生じているようで、今後はこの流れがどういう方向に行くのか注目していきたいですね。

海外の民泊事情、ホノルル編

不動産相続:ホノルルのバケーションレンタル(民泊)

ちなみにハワイでは民泊施設のことをバケーションレンタルというんですね。ハワイでは島全体で33,000件あって毎月400件増加しているそうで、そのうちの半数は違法で営業が行われています。

実際に近隣からの苦情も多いようです。

この現象は今日本で民泊が盛んに騒がれていますので、これから間違いなく問題点としてあちこちから出てくる感じがしています。

ハワイでの違法民泊の規制策で近隣者からの市役所への調査依頼とさらに地方裁判所への訴えも起こせることができることになっています。

これは有効だなと感じたのは、近隣者が裁判所に訴えることで金銭的な報酬を得ることができるからです。訴訟大国アメリカならではですねぇ。

それでも日本でも同様の規制を設けて実施していくこともいいかもしれません。違法民泊の締め出しはその業界のクリーンなイメージにもつながります。

やはりキチンとした運営をしてくことが何事においても大切なのではないでしょうか。

まとめ

民泊新法の施行で民泊の事情が一変することは間違いないので、今後ますます注目ですよ。

興味のある方は「とちぎ大家の会」にも参加してみてくださいね。

不動産相続に関するご相談をご希望の方

このブログの「お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。
お会いしてお話することを大切にしていますが、遠方の方はメールでもご相談いただけます。
ただし、メールの場合は具体的にお応えできない場合もございますのでご了承ください。


不動産相続に関するお問い合わせ

SNSでもご購読できます。